代表者ご挨拶

代表者ご挨拶

お電話でのお問い合わせ:03-6206-2422

代表者ご挨拶

信頼、社会規範、ネットワークによる地域力の醸成

信頼、社会規範、ネットワークによる地域力の醸成

当所ホームページをご覧頂き誠に有り難うございます。

少子高齢化や核家族化の進行、ライフスタイルの多様化等により、家庭や地域でお互いに支え合う機能の低下が顕著となっています。また、制度や分野を跨ぐ複合的な課題、制度の狭間にある課題も表出し社会問題となっています。そして今後の社会保障費が膨らみ経済を圧迫することは明らかであり、これまでのような公的サービスのみで支援の必要な人を支えることは困難となります。

誰もが住み慣れた場所で、その人らしい生活を継続していくためには、「自助・互助・共助・公助を基本とした地域福祉の推進」が不可欠であり、住民・企業・行政がそれぞれの役割を認識して協働で共生社会型の「地域づくり」に取り組む必要があります。また、少子高齢化等に伴い複合化する地域課題に対応するべく医療、介護、予防、住まい、生活支援を切れ目なく提供し、地域生活を総合支援する「地域包括ケアシステム」を深化させて、ともに支える地域共生社会の実現が求められています。

NDソフトウェア株式会社は、設立30周年を機にCSR(企業の社会的責任)と地域共生社会への貢献の観点から、地域包括ケアに関する知識の創造と社会化(ナレッジ・マネジメント)を推進するシンク・タンクとして2014(平成26)年4月に当研究所を設立しました。

我が国の社会は、今後急速に進展する保健・福祉・医療ニーズの量的拡大や多様化のなかで様々な課題を抱え、地域包括ケアの充実をめざした課題解決が必要となっております。とりわけ、「大介護時代」と言われるなかでの事業基盤の確立やサービスの質の向上、人材の確保と養成等に関するヒューマンウェアの開発、及び地域のソーシャルキャピタル(信頼、社会規範、ネットワークといった社会関係資本)の活用が急がれるところです。

当研究所は、ナレッジ・マネジメントの考え方を基礎として保健・福祉・医療分野の地域づくりと事業経営のさらなる発展に寄与することを使命としています。自治体および福祉・医療の事業者様へより有益な情報提供と、地域計画や経営面からみた技術支援や助言を提供できる態勢を整え、信頼、社会規範(互酬性)、ネットワークによる地域力の醸成に向けて貢献してまいります。今後ともご鞭撻賜りますよう何卒よろしくお願い申し上げます。

株式会社ナレッジ・マネジメント・ケア研究所
代表取締役 佐藤 廣志


ナレッジ・マネジメント・ケア研究所ナレッジ・マネジメント・ケア研究所
↑